沖縄の観光スポットとしてまず最初に紹介したいのがここ

那覇市民の台所「牧志公設市場」

沖縄県庁から始まる国際通りを歩いていくと、牧志の公設市場に行くことができます。

本来は地元の方が利用する市場ですが、格安の地元価格と沖縄独特の食習慣に触れることができるため、

今では観光客で賑わう観光スポットとなっています。

makishikousetsuichiba_1

もともと戦後に闇市が開かれた場所で、その後公設の市場として建てられ、

市民の台所の役割を担ってきました。

公設市場には後から作った第二もありましたが、結局は現在の第一が残っています。

場内には沖縄特産の豚や牛の肉や、近海で獲れる新鮮な魚が並べられ、

また島で採れるゴーヤーなどの野菜やマンゴーなどの果物もあり、

地方発送のお土産品として人気の高い品物です。

特に人気があるのは2階の食堂です。1階の鮮魚店で自分の好みの魚を選び、

2階の食堂に持ち込んで調理してもらえるサービス(有料)があります。

makishikousetsuichiba_2

沖縄でしか食べられない魚もあり、沖縄観光ランキングでも上位にあるほど観光客には大変な人気となっています。

公設市場の周辺にも大盛りで有名なお店や沖縄そばの有名店があり、

迷いながらも探し当てるのも楽しい観光かもしれません。

makishikousetsuichiba_3

最新のお知らせ